ties

おしゃれに見えるネクタイの合わせ方

みなさんはスーツを持っていますか?会社へ通勤するときや他社へ出向くとき、カジュアルなジーンズよりもスーツのほうが「仕事ができる」という雰囲気が出ていいです。そのため、多くの会社ではスーツスタイルが取り入れられています。スーツというと、どれも同じだと考えている人がいますが、中に着るシャツやネクタイを変えるだけで、ぐっとおしゃれに着こなすことができます。特に、おしゃれにみえるポイントは「シャツ」と「ネクタイ」の合わせ方です。ネクタイは基本的に柄が入っているので、シャツのカラーとうまく合わせることで、おしゃれ度をアップさせることができます。おしゃれに見えるコツは、カラーを「3色以内」に抑えることです。シャツが派手な柄であるのに、合わせる小物も柄となると、互いに良い所を消し去ってしまいます。しっかりと色のバランスをみて、コーディネートするといいです。「仕事ができる」雰囲気を出すためにも、しっかりとおしゃれポイントを押さえておきましょう。

おしゃれなネクタイの合わせ方

スーツを毎日着る男性でも、ネクタイの合わせ方に悩む方は多いようです。どう合わせたらすっきり着こなせるでしょうか。大事なのはスーツやシャツの色と合わせて、Vゾーン全体で考えることです。例えば同系色のコーディネートで、グレイのスーツと白いシャツに、優しいトーンのネクタイでまとめるとおとなしい印象になりますが、逆にはっきりした色のネクタイにかえるとアクセントになり印象を変えることができます。また色数が多いと派手な印象に、2〜3色にまとめるとすっきりした印象になります。柄物に柄物だと色数がうるさくなりがちなので気を付けましょう。無地も生地の織りなどで変化があります。スーツ姿に変化をつけるのに便利なアイテム、購入する時に合わせるスーツやシャツの色柄を考えて選びましょう。また、顔の下、身体の中心にあることで、一番目に入る部分に使うものなので、その人自身のイメージになることもあります。うまく使ってオシャレ度を上げていきたいものです。

check

2016/3/2 更新


ページトップ▲