ties

人の印象はネクタイでも変わります

メラビアンの法則によれば、人は第一印象や見た目で判断する部分が多いそうです。見た目で判断するというのは悪いことのように感じるかもしれませんが、人間は視覚から受け取る情報を重要視するようにできていますので当然のことです。この見た目のイメージを改善する方法はいくつかありますが、男性がビジネスシーンで印象を良くするのに効果的なのがネクタイというアイテムです。色や柄にいろいろな種類があり、どれを選んで着けたかによってイメージがずいぶん変わってくるのです。その場の雰囲気にそぐわないものや慶弔関連である程度何を着けるべきかが決められている場合を除いては、自分の主張をネクタイに込めて相手の印象をコントロールすることもできるわけです。例えば、赤い色のネクタイを着けると積極的あるいは攻めているイメージを与えることができ、青い色味のものの場合は落ち着いたイメージを与えることができると言われています。こういったことをうまく活用すれば人間関係構築にも役立つと思われます。

好印象を与えるためにネクタイのカラーに気をつけよう

第一印象というのは、人と話すよりももっと前に、その人を「見た」瞬間に印象が決まると言われています。そのため、性格ではなく、まずはじめに「見た目」からその人を判断するように出来ています。就職活動を行うとき、恋人の両親に挨拶へ行くとき、自分でセミナーを開くとき、などいろいろな場面であなたがどういう人なのか、見た目だけで信頼を与えなければいけない場面が訪れることがあるでしょう。スーツスタイルでどこかへ行くとき、オススメなのが、「ネクタイ」のカラーに気をつけることです。カラーにはそれぞれ人間に与える心理現象があります。例えば、「青色」は知的、礼儀正しいというイメージを与えることができると言われているので、仕事の会議に出席するときや、訪問販売などのときに「青色」のネクタイをつけているといいとよく聞きます。その他にもカラーによって大きくイメージが変わってくるので、どんな人だと思われたいのか、を考えた上で身に付けるもののカラーを考えてみるといいかもしれません。

注目サイト

Last update:2015/5/22


ページトップ▲